生産地で変わるスクーターの品質|エートップ

スクーターパーツの専門店株式会社エートップ!

お問合せ先

ATopでは主に小型スクーターのチューニングパーツの企画、販売を行っております。

生産地で変わるスクーターの品質

生産地で変わる品質

近年、販売されているスクーターは海外製のものが増えています。特に中国製のスクーターが多くなっていますが、品質に不安を感じている方は多いのではないでしょうか。スクーターは洋服とは違って、直接命にかかわるものですから、品質が重要なのはいうまでもありません。
「同じスクーターなら安いほうが良い」と誰もが思うものですが、スクーターの不具合は自身の生死にかかわります。メーカーによって品質や耐用年数に違いがあるように、生産地によっても品質に違いがある事は事実です。生産国によって品質にどのような違いがあるのか、まとめてみたいと思います。

主要生産国における品質の違い

・台湾製

スクーター大国とも呼ばれる台湾。そんな台湾製のスクーターは、品質が良い事で評判です。価格は中国製に比べて高いが、日本製並みの品質で優れています。カスタムパーツの生産量が増えており、技術力のある工場で生産されている事が多いです。

・タイ製

国内メーカーのパーツとして、近年、増えています。品質はピンからキリまでありますが、タイ製は中国製並みに安く、品質は台湾製に比べると劣ります。

・中国製

国内主要メーカーのスタイルを意識したデザインが多い中国製。価格は安いが、品質は最悪です。カスタムパーツも日本製より安いですが、多少手を加えなければならないものが多いです。価格だけで判断してしまうと再修理が必要になる等、逆に出費が多くなるかもしれません。

ATopでは、BWS100やグランドアクシスなどのカスタムパーツを販売しています。しっかりとした技術のある工場で生産され、一定の基準をクリアしたボアアップやプーリー、サスペンションを提供させて頂いております。スクーターを愛する全てのお客様に安心・安全な製品を提供すべく努めておりますので、よろしくお願いします。